英語ブログ書いてます

visitors

  • free counters

空色いろ

  • 虹 no more 猛暑
    いろんな空の表情を集めました。更新中

I Love 夕(You)

  • P8151854
    胸キュンな夕景を集めました

ふりそそぐ~HIKARI

  • 8280502_564691755_198large
    どんなときも傍にいるから・・

おばあちゃんの美術館

  • 編み人形
    クラフトをいっぱい作りました

2010年春 シンガポール旅行

  • Lian court
    シンガポールの生活に密着したアルバム

おばあちゃんの絵手紙集

  • Dscn1400
    おばあちゃんの可愛い感性が光ります

ローズ

  • Pb233032
    【伊丹市】荒牧ばら園

« かぶりつく | トップページ | 長嶋茂雄さんに聞く »

2009年2月16日 (月)

お心の向くままに

長女である私は 父とともにお寺さんと打ち合わせがある

最近は多忙で なかなかゆっくりする時間もないsweat01

うちは二人娘で 二人とも嫁いだので菩提寺さんとはなかなか御縁が薄くなっていたが このたびの母の法要で何かとお世話なり ご住職と連絡を取る機会が多い

法要のやり方や しきたりが家々で違うので戸惑う

そんなとき このご住職がよき相談相手となる

私より一回りはお若いご住職 まだ独身

新時代の菩提寺と信者の関係をと なかなか開けた方である・・・という

恐る恐る連絡先の携帯電話にメールしてみる

絵文字は使っちゃいけない!!(笑)

すぐに返信があった

最近は ご住職とメールする時代なんだ・・と感心する

ある日 住職から電話がかかる

「○○寺です お寺です」

お経の声とは違いますね〜〜(独り言)

「あ。はい」

どことなくぎこちなく 緊張する〜〜

「いろいろわからないことがあって・・・ご住職におたずねしたいことがありまして・・・」

「無理からぬこと。なんでも電話してください」

「ありがとうございます。どのように法要を勤めさせていただいたらいいか・・?」

「どうぞ お心の向くままに・・・如何ようにも」

この「お心の向くままに」がよく理解できなかったのだが

このご住職が よく使う言葉である

その家らしく 心の向くままに・・・だそうだ

冠婚葬祭というものは とかく窮屈なものの考え方や形式があるのが

日本のしきたりや文化である

それを敢えて「お心の向くままに」

なかなか奥の深い言葉である

古いやり方もよし 新しいやり方もよし

「お心の向くままに」

”大切な人heartを思う心には変わりない”ということであろうか・・・

« かぶりつく | トップページ | 長嶋茂雄さんに聞く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523414/44085106

この記事へのトラックバック一覧です: お心の向くままに:

« かぶりつく | トップページ | 長嶋茂雄さんに聞く »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Welcome

  • マミです

    005

    ご訪問ありがとうございます。音楽に癒されながらエレクトーンやウクレレを音楽教室で仲間と楽しんでます。毎年、6月と11月はコンクールに出てます。ステージに上がるのはドキドキしますね。 天気の良い週末には ふうふう?夫婦でサイクリングに出かけたりしてます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

参加ランキング


  • にほんブログ村 音楽ブログ ヒーリングミュージックへ

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

yahoo ping

  • My Yahoo!に追加